展示・イベント

【深草特別展示】幕末から明治へ 偉人たちの足跡

投稿日時: 11/19 深草

NHKの2021年大河ドラマで、幕末から明治、大正、昭和に日本の発展に尽力した渋沢栄一(1840~1931)の生涯が描かれており、幕末から明治という時代の大転換期にいま改めて注目が集まっています。 

自身の考えや信条に従い動き、幕府の行く末を案じて強く攘夷を主張した徳川斉昭(1800~1860)や、土佐の漁師の身分から、遭難を機にアメリカで知識を得て、幕府や明治政府で活躍した中浜万次郎(1827~1898)など、激動の時代を生き抜き、活躍した人々が知られています。 

今回の特別展示では、大宮図書館の所蔵資料から、幕末から明治に活躍した偉人が記した書物や記録などを紹介します。

この機会に、幕末から明治の時代を生きた偉人たちの足跡に触れてみてください。

展示期間:2022年12月17日(金)まで

展示場所:深草図書館1階展示ケース