お知らせ
各位   小学館コーパスネットワークについて、本日(5/17)10:00から12:00まで、システムメンテナンスにより利用停止となっていましたが、利用サービスが再開されましたのでご案内いたします。 なお、今回のシステムメンテナンスに伴い、お問い合わせフォームが一時的に閉鎖されています。大変恐れ入りますが、小学館コーパスネットワークについてのお問い合わせは、下記までご連絡いただきますようお願いいたします。 ■小学館コーパスネットワーク お問い合わせ窓口scn@japanknowledge.com                                              以上
各位 小学館コーパスネットワーク事務局から、本日(5/17)6:00頃より、小学館コーパスネットワークへの大量アクセスが確認され、これに伴い、アクセス集中の対策として、急遽、システムメンテナンスを実施することになったとの連絡がありました。現在、小学館コーパスネットワークの全サービスが停止しております。緊急措置のためご案内が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。【サービス停止日時】2022年5月17日(月)〔日本時間〕10:00~(※終了時間未定) 【サービス停止内容】・BNC Online  https://scnweb.japanknowledge.com/BNC2/・WordbanksOnline  https://scnweb.japanknowledge.com/WBO2/・PERC Corpus  https://scnweb.japanknowledge.com/PERC2/・CJEC Onine  https://scnweb.japanknowledge.com/CJEC2/ 上記サイトの全サービスが停止しております。-------------------------------------------------------------- 緊急メンテナンスが完了次第、直ちにサービスを再開されますので、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
 深草・大宮・瀬田の各図書館では、2022年5月10日から6月19日まで龍谷ミュージアムとの連携企画として「ブッダのお弟子さん」の関連書籍と古典籍資料を展示いたします。 【展示図書資料リスト(ブッダのお弟子さん).pdf】            龍谷ミュージアムでは、2022年4月23日から6月19日までの間、春季特別展「ブッダのお弟子さん-教えをつなぐ物語-」を開催しています。 この特別展では、ブッダを支えた十大弟子をはじめとする仏弟子たちのそれぞれの個性や生活の一端に着目し、インド周辺地域や東アジアに受け継がれた絵画や彫刻、そして仏教経典を通して仏弟子たちの姿を紹介しています。  龍谷大学の学生・教職員の方は、龍谷ミュージアムへ無料で入館できます。 ぜひ、この機会に「ブッダのお弟子さん」の世界をお楽しみください。    龍谷ミュージアム展覧会情報 https://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/    
2022年5月及び6月の図書館開館時間等の試行的延長を行います。詳細は以下の開館日程表に反映しましたのでご確認ください。2022年度(4~6月) 龍谷大学図書館 開館日程表(4/28更新)
図書館利用者各位 2022年4月5日( 火)18:00から停止していたMaruzen eBook Library(MeL)ダウンロードサービス再開の連絡が参りました。 ダウンロードサービスは、2022年4月27日(水)19時より再開しておりますので、適宜ご利用ください。 ご利用の皆様には大変ご不便をおかけして申し訳ございませんでした。
龍谷大学図書館では、公式Twitterアカウントを運営しています。 図書館に関する様々な情報(イベント、重要なお知らせなど)についての投稿はもちろんのこと、図書館利用に役立つ情報や、所蔵資料の紹介、綺麗な風景なども発信していく予定です。   是非フォローをお願いいたします。   ■公式Twitter「龍谷大学図書館」      
2021年度中に新たに追加導入したデータベースについて、お知らせいたします。 本学図書館ホームページの データベース一覧 からもアクセスできます。 どうぞご利用ください。  新規導入DB一覧.pdf  
龍谷大学図書館では、学部生・短大生の皆さんを対象として、ライブラリーサポーターを募集します。 皆さんの視点やアイデアを反映させ、龍谷大学図書館をさらに使いやすい、快適な空間にしていくために一緒に活動しませんか!   ◎対象:本学学部生・短大生 ◎活動内容    学生にとって親しみやすい図書館づくりのための様々な活動を予定しています。    昨年度は、オンラインを中心に下記のような活動を行いました。 ①オンライン・ビブリオバトル ②学生Web選書 ③ミニ展観 ④館内マップ作成プロジェクト ⑤読書郵便 ⑥図書館長との意見交換会 など       対面活動が可能になれば、本学留学生との交流、他大学の図書館サポーターとの交流、幼稚園での紙芝居上演などの活動を順次再開できればと思っています。     これまでのライブラリーサポーターの活動については、広報誌『Libれぽ!』をご覧ください。 <2021年度図書館Webサイトから> 2021年度ライブラリーサポーターの任命式を行いました。 「2021年度(後期) 学生Web選書」を配架しました! 学生スタッフによる広報誌『Libれぽ!』(Vol.10)が完成しました!     ◎活動時間     ボランティアスタッフですので、時間の...
図書館利用者各位 2022年4月5日( 火)18:00から一定期間、Maruzen eBook Library(MeL)のダウンロードサービスが一時停止されます。閲覧サービスについては、引き続きご利用いただけます。 ダウンロードサービスの利用再開は、5月9日(月)以降を予定しております。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけすることとなりますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
JDreamIIIの基本操作オンラインセミナー(導入編)(応用編)(検索事例セミナー)4月開催のご案内です。 検索法を基礎から学びたい方、さらにスキルアップして研究活動を加速させたい方はぜひご参加ください。 【主  催】 株式会社ジー・サーチ 【申込方法】 https://www.sunmedia.co.jp/news20220318-2/ (開催日時等詳細を確認願います。)【注  目】『「JDreamIII」検索事例セミナー -SDGsに取り組む食品業界の研究開発-』では、      ”代替肉の研究”を検索例に、JDreamIIIで提供する高度な検索機能を使用した効率的な絞り込み方法や、     グラフ機能を利用した注目プレーヤーの把握等、より実践的な検索テクニックやノウハウが紹介される予定です。【JDreamIII】https://jdream3.com/
本学では、全学的な研究高度化を支援するため、専任教員、特別任用教員を対象に研究上必要となる大型図書(500万円未満の高額図書)を学内公募により購入しています。 2021年度に購入した大型図書は、以下のとおりです。 タイトルをクリックいただくと紹介記事をご覧いただけます。 No1 タイトル :宮内庁正倉院事務所所蔵「聖語蔵経巻」第五期 乙種写経 第五期9回配本 DVD 申請者(敬称略):国際学部 三谷 真澄 所蔵館:深草図書館 No2タイトル:マイクロフィルム版 静嘉堂文庫所蔵 宋元版 ユニット1 宋版 経部、ユニット7宋版 子部 申請者(敬称略):農学部  中田 裕子 所蔵館:深草図書館
図書館利用者講習会(NEW探検型ツアーと情報検索講習会)を次のとおり4月中旬より開催いたします。 図書館の使い方を基礎から学びたい方の参加を歓迎します。  ◆1 図書館をはじめて利用される方は、図書館オリエンテーション動画を事前に視聴して理解を深めておいてください。    【動画】 https://library.ryukoku.ac.jp/Service/page_105     この動画は、本年3月11日より【新入生特設サイト https://www.ryukoku.ac.jp/freshers/manabi.html 】でも公開されています。  ◆2 探検型ツアーでは、6つのミッション(簡単な設問)と館内マップを当日お渡しします。     館内を自由に探検して、ミッションをクリアしていくことで、図書館の利用方法が身につく体験型の新たな取り組みです。  ◆3 情報検索講習会では、大学より付与された全学統合認証IDとパスワードでログインします。     館内の教育系パソコンを使って、主要なデータベースの機能と検索方法の理解を深めます。     各データベースの理解に役立つペーパー(持ち帰り自由)も当日の集合場所となるカウンター近辺に設置します。  ◆4 開催日時・集合場所等     詳細は 2022年...
図書館報「来・ぶらり」No65を発行いたしました。   掲載内容は次のとおりです。* 巻頭言 図書館は「面」で使え!(法学部准教授 瀬畑源)* 学生に薦めたいこの一冊* 図書館システムのタグ検索機能* 座談会~ビブリオバトルを終えて~* 新規収集貴重資料の紹介「オーレル・スタインからフィリッポ・デ・フィリッピへの手紙 全73通 1913-1938年」   こちらからご覧ください。 https://library.ryukoku.ac.jp/Guide/page_id37  
御入学、御進級おめでとうございます。本学は、今からおよそ380年前の寛永16年(1639)年に創設された西本願寺の学寮を始まりとしています。 その後、学林、大教校、仏教大学など名称や制度を変えながら、今日の龍谷大学に至っています。 現在の龍谷大学の名称になったのは、今からちょうど100年前の大正11年(1922)に、龍谷大学へと名称を改め、大学令による大学となっています。 今回のミニ展観では、100年前の龍谷大学の姿を知る企画として、図書館が所蔵する卒業アルバムの内、 大正11年にもっとも近い年代である『龍谷大学卒業記念写真帖』(大正13年(1924)発行)と当時の学生たちが書写した仏書『定散料簡三重六義大意事』 ならびに『浄土西山流廿七箇条』を展示します。 大宮図書館閲覧カウンター前で4月1日より展示しています。解説文もありますので、御来館の際、御覧ください。 『浄土西山流廿七箇條』 『龍谷大学卒業記念写真帖(会定傳神)』
「図書館ノススメ」新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。満開の桜の下、さまざまな期待や思いを抱いて龍谷大学の門をくぐられたことと思います。   学生の本分は「学び」です。   改めて言葉にしてしまうと陳腐に聞こえるかも知れませんが、少しおつきあいください。大学に入った瞬間、これまで(ほとんどの場合は高校までの学校生活)と大学との違いを周囲から強調されることと思います。それはその通りなのですが、別に恐れる必要はありません。小学校と中学校、中学校と高校でも大きな違いはあったはずです。しかし、それを乗り越えてみなさんは大学に辿り着いているわけです。大学に対応できないはずがありません。ただ、強調しておくのであれば、大学生活では可能な限り、「自分から動く」ことを心がけてください。そして、すべてのことをよく見ること、よく聞くことが大事です。特に入学したばかりのみなさんにとっては、不要な情報などありません。見ること/聞くことすべてが重要です。言うまでもなく、見ること/聞くことは「学び」の根幹です。これがなければ何も学べません。   「見ること」の中には「読むこと」も含まれます。「読む」となれば図書...
新年度の契約が完了したデータベース ScienceDirect(サイエンスダイレクト)のご紹介です。詳細は以下のWebサイトをご参照ください。 ※ご利用の前にお読みください。※トランザクション(Pay Per View)の利用ご希望の場合は、「トランザクション(Pay per View)の利用について」を参照してください。 https://library.ryukoku.ac.jp/page_id96 ◆ScienceDirectとは https://www.elsevier.com/ja-jp/solutions/sciencedirect (日本語での紹介と英文解説ビデオ付き) ◆ScienceDirectへのアクセス https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/linklog.do?url=http://www.sciencedirect.com/ ◆自宅など学外からの接続方法 https://library.ryukoku.ac.jp/Search/page_id71 (学認またはVPN接続でご利用ください。)◆ScienceDirectクイックレファレンスガイド(2019年3月 エルゼビア社) https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0011/859988/2019March_ScienceDirect_QRG.pdf  ◆よくある質問(オンライン講習会など)https://www.elsevier.com/ja-jp/solutions/sciencedirect/sciencedirect_for_user    <オンライン講習会の録音版が公開されていま...
新年度の契約が完了したデータベース 朝日新聞クロスサーチのご紹介です。詳細は以下のWebサイトをご参照ください。   ◆朝日新聞クロスサーチとは https://xsearch.asahi.com/help/jpn/about.html ◆朝日新聞クロスサーチの使い方 https://xsearch.asahi.com/help/jpn/help.html ◆朝日新聞クロスサーチへのアクセス https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/linklog.do?url=https://xsearch.asahi.com/login/  ◆自宅など学外からの接続方法 https://library.ryukoku.ac.jp/Search/page_id71  ◆「聞蔵II(きくぞう)」→「朝日新聞クロスサーチ」ここが変わりました  https://www.asahi.com/information/db/pdf/20220301_xsearch_change.pdf  朝日新聞クロスサーチは、朝日新聞社が提供するオンライン記事データベースです。
図書館利用者各位  LibrariE(ライブラリエ)のシステムメンテナンスが実施されます。メンテナンス中は、LibrariEをご利用いただくことができません。   皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。   1. メンテナンス日時    2022年3月27日(日)午後9時00分 ~ 2022年3月28日(月)午前8時
 2012年度から図書館で開催している「私のお薦め本コンテスト-My Favorite Book-」が今年度に10回目の節目を迎えました。  これを記念して、この度、過去の受賞作品を掲載した受賞作品集を刊行しました。コンテストには、この10年間で357篇の応募があり、これまでに大賞(12編)、優秀賞(38篇)、佳作(7篇)、特別賞(5篇)が表彰されています。受賞作品集には、これら全ての受賞作62篇が年度毎に掲載されています。  また受賞作品集には、竹内図書館長の巻頭言をはじめ、長く選考委員を務めていただいた三原先生からの寄稿文、歴代館長による講評文も掲載されています。  受賞作品集は、デジタルブックの形式で図書館HP上に公開するとともに、オンデマンド印刷した書籍を深草、大宮、瀬田の各図書館に配架します。受賞作品集のデジタルブックの検索窓にお気に入りの作家や書名などを入力すれば、受賞作品集の該当ページを抽出することもできます。  皆さんの読書の道標として、この受賞作品集を活用していただき、これからも豊かな読書の世界を切り拓いていっていただけることを念じています。 受賞作品集
2022年3月22日以降当面の間、「新型コロナウイルス感染防止のための龍谷大学行動指針<2022年度第1版>」②図書館利用 の活動制限レベルを「1」とし、以下のとおり開館します。 ■開館時間 2月2日から春期休業中の開館スケジュールを適用しています。詳細は図書館Webサイトの 開館カレンダー でご確認ください。   https://library.ryukoku.ac.jp/Service/page_id62 ■利用時間 制限しません。 ■入館可能者数 閲覧座席数の 1/2 程度に制限します。 ■利用対象者 学部学生(短大含む)、大学院生(研究生・特別専攻生を含む)、交換留学生、留学生別科生、科目等履修生、単位互換履修生 専任教員(特任含む)、非常勤講師、名誉教授、研究員、事務職員、元専任教職員 卒業生、REC終身会員、REC BIZ-NET会員   ■利用可能なサービス 図書貸出 図書等郵送サービス(費用は大学が負担) 図書等郵送サービスを学生対象に実施します。 返却期限は通常どおり(学部生2週間以内、大学院生1か月以内)とします。 貸出冊数は以下のとおりとします。 <学部生(短大含む)・交換留学生・科目等履修生・単位互換履修生・留学生別科生>    貸出...