イベント
2022年10月1日(土)から12月28日(水)まで、深草図書館2階展観コーナーAにおいて「卒論」と「プレゼン」に関する書籍を展示しております。 提出や発表が近い方は勿論、今後の参考のためにも幅広くご活用ください。   展示期間 :2022年10月1日(土)~12月28日(水) 展示場所 :深草図書館 2階展観コーナーA   【主な展示資料】 ・わかりやすく「伝える」技術 ・アイデアの発想・整理・発表 ・パワーポイントスライドデザインのセオリー : セオリーを押さえればわかりやすく魅力的なスライドは誰でも簡単に作れる! ・コンサルタント的省力説明術。 ・プレゼンテーション入門:学生のためのプレゼン上達術 ・Excelによるアンケート調査の第一歩 ・基礎からわかる論文の書き方 ・大学生の文章術:レポート・論文の書き方 ・ICT活用で学ぶアカデミック・スキル : 大学生に求められるデータ活用力と論理力 ・文書作成・プレゼンに役立つ!実践ドリルで学ぶOffice活用術 : Word・Excel・PowerPoint ・論文・レポートの基本 : この1冊できちんと書ける! ・人前で30分話すためのプロの実践テクニック : スピーチ・プレゼン・研修・セミナー・講演  他多数。   関連した講習会も開か...
ただいま深草図書館1階ゲートから入館すると、いろんな動物たちの書籍がお出迎えしてくれています。 その種類は日ごろ街中でよく目にする動物から、動物園や水族館で会えるもの。また、今では化石や映画でしか見られない恐竜まで様々。 この機会にまだ知らない生態系や特性に触れてみてはいかがでしょうか。   展示期間 :2022年9月1日(木)~2022年11月30日(水) 展示場所 :深草図書館 1階入退館ゲート横   【主な展示資料】 「へんないきもの」 「もうすぐいなくなります : 絶滅の生物学」 「パンダ:ネコを被った珍獣」 「飛べない鳥の謎:鳥の生態と進化をめぐる15章」 「クジラは昔陸を歩いていた : 史上最大の動物の神秘」 「世界の馬 : 伝統と文化」 「猫の世界史」 「人間をお休みしてヤギになってみた結果」 「ドイツの犬はなぜ吠えない?」 「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」 「恐竜はホタルを見たか : 発光生物が照らす進化の謎」 「絶滅した奇妙な動物」 「キリンの首はなぜ長いのか : 動物進化の謎にせまる」 他多数。
本を読みたいけどどれを読もうか迷う、そんなときはみんなの人気作品から選んでみましょう!瀬田図書館で貸し出し冊数の多い本や、ライブラリーサポーターのおすすめを集めました。今回は本の紹介だけでなく、人気作品についてのアンケートも行っています。「面白かった!」「読んでみたい!」など、皆さんの声を聞かせてください!アンケートの締め切りは12月26日(月)です。(ライブラリーサポーター企画) 展示期間:2022年10月4日(火)~ 2023年1月16日(月)場  所:瀬田図書館 本館1階 カウンター前 主な展示資料『舟を編む』『火花』『私の男』『ペンギン・ハイウェイ』『模倣犯』『星の王子さま』 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
瀬田図書館本館1階にて『「文化彩」~autumn culture collection~』と題した展観を実施します。「芸術の秋、読書の秋、音楽の秋、旅行の秋」4つの○○の秋から題材を決めました。文化祭のように楽しめる本を紹介します。さまざまな本を読み、感性を豊かにしませんか。   開催期間:2022年10月1日(土)~2022年11月18日(金) 展観場所:瀬田図書館本館1F ミニ展観コーナー(おすすめ本コーナー) 主な展示資料※ 「ロックフェスの社会学 : 個人化社会における祝祭をめぐって」 「日本の幻獣図譜 : 大江戸不思議生物出現録」 「弁当美術館 : つくるみせるたべる」 「ヴェニスの商人」 「82年生まれ、キム・ジヨン」 「イタリア世界遺産の旅」 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
普段あまり本を読まない方も、毎日本を読んでいる方も、もっと本に触れる機会を増やすため、本を読む前に、手に取る前に、参考として活用してほしい資料を集めました。読書術・読書論などを中心に、新たな本と出会いやまだ読んだことのない名作・名著のための読書案内(ブックガイド)もご紹介します。この展観を通して、本を読まない方は本に少しでも興味を持って手に取るきっかけに、本を読んでいる方は本を読むのがさらに夢中になってくれたら、と心ばかりの手助けができたらと思っています。ミニコラムと称して、2022年本屋大賞ノミネート作品の中から展示担当者オススメ本をお伝えします。資料はすべて貸出可能です。手に取って見ていただくだけでもかまいません。ぜひ、お越しください。 展示期間:2022年10月3日(月)~2022年11月14日(月)場  所:瀬田図書館 本館地下1階 ナレッジコモンズ 主な展示資料 『心ゆたかな読書』『理系読書 : 読書効率を最大化する超合理化サイクル』『読書は「アウトプット」が99%』『生き方がみつかる青春の読書案内 : 読んでおきたい心をゆすぶる日本の名著・名作100冊』『何のために本を読むのか : 新しい時代に自分と世界をと...
日本人受賞者も多いノーベル賞は、6つ分野において後の世を大きく変えた人物に贈られます。そこで今回は、龍大にも関わりのあるノーベル平和賞を受賞されたユヌス博士や日本人受賞者をはじめ、受賞者の著書や関連資料を集めました。研究者・学者として皆様の大先輩にあたる受賞者たちはいかにして偉大な賞を受取るに至ったのか。この機会に彼らの言葉や研究に触れてみてはいかがでしょうか。また、ユーモラスな研究を行う研究者に贈られるイグ・ノーベル賞も併せて取り上げます。 展示期間:2022年10月3日(月)~2022年11月11日(金)場  所:瀬田図書館 本館1階 ゲート横 主な展示資料 『天野先生の「青色LEDの世界」 : 光る原理から最先端応用技術まで』『生涯最高の失敗』『「役に立たない」研究の未来』『ソーシャル・ビジネス革命 : 世界の課題を解決する新たな経済システム』『現代科学の大発明・大発見50 : なぜその発明・発見はノーベル賞につながったのか?』『地球温暖化はなぜ起こるのか 気候モデルで探る 過去・現在・未来の地球』 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
10月は食品ロス削減月間です。食品ロスとは、作り過ぎ、売れ残り、食べ残し、賞味期限切れなど、食べられるのに廃棄される食品のことです。日本の食品ロス発生量は農林水産省サイトによると令和2年度推計で約522万トン(うち家庭から約247万トン)にも上ります。あまりに数字が大きすぎてイメージ出来ませんが、1人当たりに換算すると毎日お茶碗1杯分の食品を捨てていることになります。これでも推計を開始した平成24年度以降で最少だそうです。世界に目を向けると食糧不足の発展途上国へ支援される食料は年間約420万トン(2020年)。飢えに苦しむ人々がいる一方で、何ともったいないことでしょうか。また日本の食料自給率はたった38%に過ぎません(カロリーベース令和3年度)。大量の食料を外国から輸入しているにも関わらず、大量の食品を捨てているのです。そして捨てられた食品はゴミとなり焼却処分され、二酸化炭素排出の要因ともなります。食品ロスについて、一人ひとりが自覚し、取り組むことが重要です。 展示期間:2022年10月1日(土)~2022年10月31日(月)場  所:瀬田図書館 本館1階 新聞コーナー前 主な展示資料『世界の食料ムダ捨て事情』『食べものが足り...
  深草図書館・大宮図書館・瀬田図書館では2022年9月28日(水)から11月22日(木)までの期間、龍谷ミュージアムと連携した「博覧 -近代京都の集め見せる力-」展を開催し、関連資料を図書館内で展示いたします。<深草><大宮><瀬田>図書館  「博覧 -近代京都の集め見せる力-」展 期間: 2022年9月28日(水)~11月22日(木) <11月23日は、図書館については休館日となります> 場所: 深草図書館1階 展示コーナー                  大宮図書館2階 閲覧カウンター前 展示ケース(仏教児童博物館絵画資料)     大宮図書館2階 入館ゲート横 展示コーナー(図書資料)     瀬田図書館本館地下1階 ナレッジスクエア展観コーナーA   【図書館での主な展示資料】・<※図録>2022年度秋季特別展「博覧 -近代京都の集め見せる力-」初期京都博覧会・西本願寺蒐覧会・仏教児童博物館・平瀬貝類博物館     ※龍谷ミュージアム図録の購入申し込みはこちらからどうぞ ⇒ https://www.ryukoku.ac.jp/form_muse_app/ ・明治日本と万国博覧会 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB21383311 ・日本の博覧会 : 寺下勍コレクション https:/...
9月は障害者雇用支援月間です。障害者雇用促進法では、一定の割合以上の障害者雇用を一般企業等に義務づけています。未達成の企業から納付金を徴収するとともに、優秀企業には報奨金が支給されます。また雇用する企業の負担軽減のための助成金制度も設けられています。しかしながら令和3年版『障害者白書』によると、達成する企業が半数に満たないのが現状です。障害者は働かずに福祉施設で一生過ごした方が幸福なのでしょうか。「働く」ということは単にお金を稼ぐという意味だけではありません。「働く」ことを通じて人の役に立つ、社会から必要とされる、それが障害者・健常者にかかわらず幸福なことなのです。障害者の雇用を通じて「働く」ということを考えてみましょう。 展示期間:2022年9月1日(木)~2022年9月30日(金)場  所:瀬田図書館 本館1階 新聞コーナー前 主な展示資料『障害者とともに働く』『障がい者だからって、稼ぎがないと思うなよ。』『現場からみる障害者の雇用と就労』『障がい者の就活ガイド』『農の福祉力で地域が輝く 農福+α連携の新展開』『あまねく届け!光 ~見えない・見えにくいあなたに贈る31のメッセージ~』 関連サイトへのリ...
瀬田図書館本館1階にて「 SPY×LIBRARY 本を読むと世界が平和に?」と題した展観を実施します。いつもはリブアド(学生アシスタントスタッフ)の所属学部に関する本を報告していますが、今回は所属学部と違う分野の内容に‘SPY’し、報告させていただきます。また、あのアニメのあのセリフに関する本も!?「スパイ、ミッション。わくわく!」そんな気持ちで、瀬田図書館本館1階に遊びに来てください!   開催期間:2022年8月1日(月)~2022年10月31日(月) 展観場所:瀬田図書館 本館1階 学部おすすめ本コーナー   主な展示資料 『13歳からのアート思考 : 「自分だけの答え」が見つかる』 『フードバンク : 世界と日本の困窮者支援と食品ロス対策』 『人望が集まる人の考え方』 『生き物たちのエレガントな数学』 『IT全史』 『眠れなくなるほど面白い心理学の話』 『ラッカセイ : 栽培・加工、ゆで落花生も』   ※リブアドとは 瀬田図書館ライブラリーアドバイザーの略で図書館で1年間業務経験を積んだ学生アシスタントスタッフの事です。ライブラリーアドバイザーは利用者のお困りごとをサポートする仕事をしたり、文庫本コーナーやDVDコーナー、おすすめ本コ...
本学の電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」にて、「学ぼう!日本と世界」と題した特集を組みました。   ご利用いただけるタイトルの中から、日本や世界についてのコンテンツ88タイトルを選びました。タイトルは、 こちら「タイトルリスト」 からご確認ください。   LibrariE(ライブラリエ)は、自宅からでも簡単にご利用いただけます。既にご利用いただいている方はもちろん、まだ使ったことがない方もこの機会に是非一度ご利用ください。   LibrariE (ライブラリエ) の使い方は、 こちら をご確認ください。  
8月は食品衛生月間です。今夏は猛暑が予想されており、既に6月には日本各地で記録的な暑さが観測されています。この時期に注意しないといけないのが食中毒です。サルモネラ菌などの食中毒の原因となる菌が増殖する高温多湿の環境が形成されるのです。一方ノロウィルスによる食中毒は冬季の方が多いという統計もあります。厚生労働省のデータによると昨年度は11,080名(うち滋賀県27名、京都府141名)の食中毒患者が発生しました。発生場所の約20%が一般家庭です。これは保健所に届け出があり、調査の結果、食中毒と断定されたケースですが、軽症の場合は届け出ないことも多々あり、実際はもっと多いといわれています。食品衛生関連の資料から得られる知識を基に予防・対策することで自身の健康を、また身近な人の健康を守りましょう。 展示期間:2022年8月1日(月)~2022年8月31日(水)場  所:瀬田図書館 本館1階 新聞コーナー前 主な展示資料『食中毒学入門 : 予防のための正しい知識』『図解飲食店の衛生管理 : HACCPへの対応が具体的にわかる』『食品安全法制と市民の安全・安心』『食品衛生学』『食品衛生入門 : 過去・現在・未来の視点で読み解く』『食品衛生法対...
龍谷大学出身者が政治、経済、教育、芸能、スポーツあらゆる分野で活躍しています。著作を出版される方もたくさんおられます。直木賞作家の川越宗一さんやタレントの故やしきたかじんさんの著作もあります。皆さんの先輩方が執筆された著作を読めば、それに込められた熱意が感じられることでしょう。展示スペースの関係で総ての著作を展示することは出来ませんが、先輩方の活躍を励みに、皆さんも大学生活を充実させてください。 展示期間:2022年8月1日(月)~2022年9月30日(金)場  所:瀬田図書館 本館1階 ゲート横 主な展示資料『熱源』『人生、捨てたもんやない : やしきたかじんが遺したことば』『読書HACKS! : 知的アウトプットにつなげる超インプット術』『行列のできる児童相談所 : 子ども虐待を人任せにしない社会と行動のために』『歌う尼さんのほっこり法話』『近江商人の生活態度 : 家訓・倫理・信仰』 関連サイトへのリンク  龍谷大学の人物一覧 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
芥川賞・直木賞は現役作家が選考委員を務めるのに対し、本屋大賞は書店員の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される文学賞です。創設は2004年、比較的新しく、ノミネートされると芥川賞・直木賞よりも売り上げ部数が伸びる傾向にあり、映像化される作品も多々あります。一方、書店員による人気投票なので既にたくさん販売されている作品に票が集まる傾向があるという問題点も指摘されています。とはいえ創設されて未だ20年に満たない若い文学賞ですので、今後の展開が楽しみです。 展示期間:2022年8月2日(火)~2022年9月30日(金)場  所:瀬田図書館 本館B1階 展観コーナーB 主な展示資料『海賊とよばれた男』『謎解きはディナーのあとで』『夜のピクニック』『村上海賊の娘』『羊と鋼の森』『そして、バトンは渡された』 関連サイトへのリンク    本屋大賞 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
1935年に創設された文学賞で、芥川賞は純文学、直木賞は大衆文学から年に2回選考されます。創設から20年間ほどの間はあまりマスコミに取り上げられることもなく細々と続けられていたそうです。1956年、一橋大学在学中であった石原慎太郎の『太陽の季節』の受賞を機に注目され、これ以降マスコミは大きく報道するようになりました。また書店には特設コーナーが設けられ、ベストセラー・ミリオンセラーへ成長する作品も数多くあります。一方で、「ノーベル文学賞候補の村上春樹が受賞していないのはおかしい」等の批判もありますが、日本を代表する文学賞であることは間違いないでしょう。ちなみに「芥川賞」「直木賞」というのは通称です。大正時代に活躍された文豪の名を冠し、正確には「芥川龍之介賞」「直木三十五賞」といいます。 展示期間:2022年8月2日(火)~2022年9月30日(金)場  所:瀬田図書館 本館B1階 展観コーナーC 主な展示資料『ブラックボックス』『心淋し川 (うらさびしがわ)』『首里の馬』『熱源』『少年と犬』『彼岸花が咲く島』 関連サイトへのリンク    芥川賞受賞者一覧    直木賞受賞者一覧 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
                                                        深草図書館・瀬田図書館では2022年7月16日(土)から7月28日(木)まで、大宮図書館では2022年7月16日(土)から8月6日(土)までの期間、龍谷ミュージアムとの連携企画として「のぞいてみられぇ!“あの世”の美術」展に関連する蔵書と古典籍資料を展示いたします。 この夏、“あの世”の美術をのぞいてみられてはいかがでしょう。    「のぞいてみられぇ!“あの世”の美術」展 <深草><瀬田> 期間:2022年7月16日(土)~7月28日(木) 場所:深草図書館1階 展示コーナー場所:瀬田図書館本館地下1階 ナレッジスクエア(展観コーナーA)   <大宮> 期間:2022年7月16日(土)~8月6日(土) 場所:(古典籍資料)大宮図書館2階 閲覧カウンター前 展示ケース    (図   書)大宮図書館2階 入館ゲート入館側傍 展示コーナー     【主な展示資料】  ・念仏の聖者法然 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB21262418 ・法然と親鸞 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB21461373 ・法然上人絵伝 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB21164309 ・起請文と那智参詣曼荼羅...
瀬田図書館本館1Fにて「病・闇・yummy!」~ヤミ・ヤミ・ヤミー!~と題した展観を実施します。「やみ」について言葉遊びをし、題材を決めました。「依存症」「人生」「心理」「美味」など興味惹かれる本を紹介します。是非、手にとって3つの「やみ」について詳しくなりませんか?   開催期間:2022年7月15日(金)~2022年9月30日(金) 展観場所:瀬田図書館本館1F ミニ展観コーナー(おすすめ本コーナー) 主な展示資料※ ・「世界一やさしい依存症入門 : やめられないのは誰かのせい?」  ・「生きることばへ : 余命宣告されたら何を読みますか?」  ・「シャーデンフロイデ : 他人を引きずり下ろす快感」  ・「告白」  ・「強くてうまい!ローカル飲食チェーン」   ※リブアドとは 瀬田図書館ライブラリーアドバイザーの略で図書館で1年業務経験を積んだ学生アシスタントスタッフの事です。ライブラリーアドバイザーは利用者のお困りごとをサポートする仕事をしたり、文庫本やDVD、おすすめ本等のコーナーづくりを担当していたり幅広い業務を行っています。
下記のとおり、「図書館Web選書」の参加者を募集します。 インターネット環境があれば、選書期間中に、いつでもどこからでも参加できます。 夏休みの期間を活用して、ぜひご参加ください!! 皆さんの読書への意向を図書館に反映することができる絶好の機会です。 ふるってご参加ください。 (既に図書館に所蔵されている資料は選書できませんのでご注意ください)    記 ○対象 学部・短期大学部の学生 ○募集人数 20名 (先着順) ○募集期間 7月5日(火)~8月2日(火) ○申込方法 下記のアドレス宛にメールでお申し込みください。 biblio@ad.ryukoku.ac.jp ◇メールの件名は、「学生WEB選書」とし、 ◇メール本文に下記の事項を記入。 ①氏名 ②学籍番号 ◎選書期間 8月8日(月)~9月9日(金) Web選書の方法については、実施時に説明資料でお知らせします。 ☆Web選書報告会(オンライン開催) 9月21日(水)12時45分~13時15分(予定) Web選書参加者から、選書理由などを紹介していただきます。
                                 2022年は沖縄本土復帰50周年の節目であり、また今般世界中を巻き込み多大なる影響を与えているロシアのウクライナ侵略など、戦争について考えさせられる今日この頃です。  深草図書館では、館内に所蔵する戦争・平和関連の図書を「戦争・平和文献コレクション展」として一般公開するミニ展観を行っています。是非書籍を手に取っていただき、今一度戦争・平和やSDGsについて深く考える機会となれば幸いです。  同時期に、ユヌスソーシャルビジネスセンター主催の「展観 戦争と龍谷大学」を和顔館1Fギャラリーにて開催しています。戦争に関する貴重な資料のパネル等を展示しておりますので、併せてご覧ください。     「戦争・平和文献コレクション 展」  期間:2022年6月28日(火)~7月29日(金) 場所:深草図書館 1階 展示コーナー   主な展示資料: ・本が弾丸だったころ : 戦時下の出版事情 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB20488922 ・戦場の女性特派員 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB20245019 ・浄土真宗の平和学 https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/BB20320377 ・軍隊のない国...
高校生、中学生のみなさんに瀬田図書館を開放しますので、クールスポットとしてぜひご利用ください。夏休みの課題や受験勉強に励む最適な空間を提供します。 期間:2022年8月5日(金)~8月31日(水)ただし、8月7日(日)、11日(木)~18日(木)、28日(日)は休館しております。 開館時間:午前10時~午後6時ただし、8月6日(土)、20日(土)、21日(日)、27日(土)は午後5時までとします。 対象:高校生、中学生(在校生に限ります)なお、来館の際には、「生徒証(生徒手帳)」を携行してください。利用申請時に必要となります。  キャンパス内でのマスク着用、入館時の検温、手指消毒の励行をお願いします。