イベント
 龍谷大学図書館では、学部生・短大生の皆さんを対象とした第11回「私のお薦め本コンテスト-My Favorite Book-」を実施し、大賞1篇と優秀賞4篇について、昨年12月21日に表彰式が行 われました。  あらためて、図書館長による講評と受賞作本文を公開いたします。  お薦め本コンテストは来年度も実施予定ですので、皆さん奮ってご応募ください。     【図書館長による講評】  第11回「私のお薦め本コンテスト」館長講評文.pdf   【受賞者一覧】 <大賞> 堀内 佑紀 (文学部 日本語日本文学科 4年) 『尾崎放哉句集』 尾崎放哉著;池内紀編、岩波書店、2007.    <優秀賞> 西川 真由 (文学部 歴史学科 4年) 『西の魔女が死んだ』 梨木香歩著、新潮社、2001.    <優秀賞> 神田 竜之介 (経済学部 国際経済学科 3年) 『気流の鳴る音:交響するコミューン』 真木悠介著、筑摩書房、2003.   <優秀賞> 御堂 恭介 (法学部 法律学科 3年) 『22世紀の民主主義 : 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる』 成田悠輔著、SBクリエイティブ、2022.   <優秀賞> 内本 義宜 (短期大学部 こども教育学科 2年) 『こころ』 夏目漱石著、新潮...
瀬田図書館本館1階にて「大学聖日記」~瀬田ラブストーリー~と題した展観を実施します。2月、3月にはバレンタインデー、ホワイトデーがありますので、今回は恋愛小説や恋愛に関する本について紹介します。恋愛小説を読んで元気をもらったり、今後の人生に役立てたりもできるかも、、、ぜひとも読んでみてください。   開催期間:2023年2月1日(水)~2023年3月31日(金) 展観場所:瀬田図書館 本館1階展観B(おすすめ本コーナー)   主な展示資料 「マチネの終わりに」 「おいしいものと恋のはなし」 「陽だまりの彼女」 「マンガでわかる恋愛心理学 : 人はなぜ恋をするのか?ひとめぼれは本当の恋愛感情か?」        
2月は省エネルギー月間です。日本は石油や天然ガスなどの化石燃料の大半を輸入に頼っています。エネルギー資源には限りがあり、効率よく活用しなければなりません。また省エネルギーの取組は化石燃料を燃やすことで発生する二酸化炭素を減らし、地球温暖化の防止にもつながります。もちろん電気代やガス代の節約になり、家計にも優しいのです。冬季は暖房や給湯のためエネルギーを最も多く使用する季節です。暖房器具や電化製品の使い方を見直して、省エネルギーを心がけましょう。特にここ数年はコロナ禍のため自宅で過ごす時間が増えているのではないでしょうか。考えてみれば「読書」って、とても省エネな趣味ですよね。 展示期間:2023年2月1日(水)~2023年2月28日(火)場  所:瀬田図書館 本館1階 展観D(新館への通路脇) 主な展示資料『省エネ対策の考え方・進め方』『ゼロから見直すエネルギー : 節電、創エネからスマートグリッドまで』『研究者が本気で建てたゼロエネルギー住宅 : 断熱、太陽光・太陽熱、薪・ペレット、蓄電』『現場で働く方必携!!知っておきたい省エネ対策試し技50』『5アンペア生活をやってみた』『しあわせ節電』 関連サイトへのリン...
2023年は志賀直哉生誕140周年にあたります。志賀直哉と言えば誰しもが「城の崎にて」「暗夜行路」に思い当たるのではないでしょうか。特に「小僧の神様」は多数の中学校国語教科書に採用されてきましたので、読まれた方も多いと思います。1883年(明治16年)2月20日、宮城県石巻生まれ東京育ち、明治から昭和にかけて白樺派を代表する小説家の1人で「小説の神様」と称せられ多くの日本人作家に影響を与えた文豪です。生涯で23回もの引っ越しをしたという。東京、広島、島根、京都、奈良等々、志賀直哉を身近に感じるのはそのせいかもしれません。生誕140周年を契機に志賀直哉の世界に触れてみてはいかがでしょうか。 展示場所:龍谷大学瀬田図書館 本館B1Fナレッジコモンズ内(展観Dコーナー) 展示期間:2023年2月1日(水)~2023年2月28日(火)   ※主な展示資料 『暗夜行路前編・後編』 『志賀直哉』 『志賀直哉、映画に行く:エジソンから小津安二郎まで見た男』 『灰色の月』 『志賀直哉の作品』 『小僧の神様:他十篇』
浄土真宗の宗祖親鸞聖人(1173~1263)のご命日である弘長2年11月28日(旧暦)は、現在の暦では1263年1月16日にあたります。 聖人のご遺徳を讚仰するために、龍谷大学では、本学の前身である学寮を創設された西本願寺第13代良如上人の御祥月命日(10月18日)を報恩講として、お勤めしています。 (西本願寺では、毎年1月9日から16日まで御正忌報恩講をお勤めしております。)今年は、親鸞聖人御誕生850年の年にあたります。 今回のミニコーナーの展示は、「親鸞聖人~御遺徳を伝える~」として、聖人の主著である『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』) ならびに、聖人の御生涯を図会に記した『親鸞聖人御一代記図絵』を展示いたします。 この機会に、聖人の御誕生から今日に至るまでに伝えられてきた御遺徳について触れて頂ければ幸いです。
今回のLibrariEの特集は「趣味vol.1」です。 趣味に関する30タイトルを集めました。 タイトルは、「タイトルリスト」 からご確認ください。   LibrariE(ライブラリエ)は、自宅からでも簡単にご利用いただけます。 既にご利用いただいている方はもちろん、まだ使ったことがない方もこの機会に是非一度ご利用ください。 LibrariE (ライブラリエ)の使い方は、 こちら をご確認ください。   なお、2023年1月26日までポータルサイトのアンケート機能にて図書館アンケートを実施しています。いただいたご意見は、今後のより良い図書館サービスの提供、運営に役立てさせていただきます。LibrariEをはじめとした電子資料に対する要望等ありましたら、自由記述欄(質問22)に入力をお願いします。 アンケートのご協力、よろしくお願いいたします。
皆さんはどんなスポーツが好きですか。数あるスポーツの中でも野球は国民的スポーツと言われています。プレーして楽しむ、観戦して楽しむ、に止まらず、映画・マンガ・アニメやゲームでも楽しめます。図書館にも野球に関する本がたくさんあり、読んで楽しんでいる方もおられるでしょう。他のスポーツと比べて、古くから野球は様々な記録や統計が取られています。それらの膨大な数値データを基に客観的に分析し、選手の能力向上やチーム運営に役立てる「セイバーメトリクス」という考え方が提唱されており、科学的に楽しめるスポーツとも言えるでしょう。ところで龍谷大学付属平安高校は昨年の秋季近畿地区高等学校野球大会でベスト4に入り、春の甲子園(第95回選抜高等学校野球大会)に出場することが確実視されています。ご期待ください。1月27日(金)に代表校発表、3月18日(土)開幕の予定です。 ※1月27日 追記第95回記念選抜高等学校野球大会の選考委員会が開かれ、龍谷大学付属平安高校の出場が決まりました! 4年ぶり42回目(最多出場)です!! 応援よろしくお願いします!!! 展示期間:2023年1月17日(火)~2023年3月31日(金)場  所:瀬田図書館 本館1階 展観C(...
瀬田図書館本館1階にて「ちょっと1冊いかがですか?学部と相性ばっちりの自慢のおすすめ本ご用意しております!」と題したリブアド※企画展観を実施します。1~2月は新年が始まり、テストや就活準備、春休みに入ってバレンタイン・アルバイト・旅行!などなど、学生が忙しくなる時期だと思います。そんな中でも手に取ってもらえるような本を学部と絡めて選書しました!ぜひ龍谷大学瀬田図書館本館1階学部おすすめ本コーナーまでお越しください。 ※リブアドとはライブラリーアドバイザーの略で図書館で1年間業務経験を積んだ学生アシスタントスタッフの事です。ライブラリーアドバイザーは利用者のお困りごとをサポートする仕事をしたり、文庫本コーナーやDVDコーナー、おすすめ本コーナーといったコーナーづくりを担当していたり幅広い業務を行っています。 開催期間:2023年1月6日(金)~2023年2月28(火)展観場所:瀬田図書館 本館1階 学部おすすめ本コーナー 主な展示資料『最強の経営者 : アサヒビールを再生させた男』『奇跡のリンゴ : 「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録』『宮沢賢治の元素図鑑 : 作品を彩る元素と鉱物』『笑う数学』『速攻!これだ...
後期考査が終わったら春から働きはじめる方向けに、社会に出る前に読んでおきたいオススメの本を集めました。意外と学ぶ機会がないお金について知りたい、一人暮らしを始めるからちょっと不安、学生から社会人になる前に意識のステップアップをしておきたい…そんな思いを抱える方はぜひお越しください!※資料は必ず在学中に返却してください 展示期間:2023年1月6日(金)~2023年2月28日(火)場  所:瀬田図書館 本館地下1階 ナレッジコモンズ 主な展示資料 『18歳からのお金の教科書 : 知らないと損をする大人の新常識50』『社会保障のトリセツ : 医療・年金・介護・労災・失業・障がい・子育て・生活保護困ったときに役所の窓口に持っていく本』『入社1年目の心得』『20代で身につけたい働き方の基本 : 「君がいてよかった」と言われる仕事のルール』『スタンフォード式人生デザイン講座』『はじめてのひとり暮らし安心ガイド』『カレンの台所』 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
新たな一年、2023年がスタートします!本格的な就職活動に向けて、すでに対策を始めている人もいれば、まだ何も手を付けていない人もいるでしょう。そこで今回は就活応援展(準備編)ということで、今から取り組める手助けとなる資料を集めました。企業研究やインターンシップ、自己分析、エントリーシート、さまざまな試験や面接対策などを考え、行動し始める2、3回生の方をおもな対象としていますが、他の回生の方もぜひご利用ください。展示資料はすべて貸出可能です。ご来館をお待ちしております。 展示期間:2023年1月6日(金)~2023年2月28日(火)場  所:瀬田図書館 本館1階 ゲート横 主な展示資料 『就活のワナ : あなたの魅力が伝わらない理由』『エントリーシート・履歴書』『内定者が本当にやった究極の自己分析』『最新!SPI3【完全版】』『ビギナーのためのTOEIC L&Rテスト全パートチャレンジ!』『仕事のカタログ : 「なりたい自分」を見つける! : 1600職種適職ナビゲーター』 図書館イベントカレンダーはここをクリック!
2023年は池波正太郎生誕100周年にあたります。池波正太郎と言われてピンとこない方も「鬼平犯科帳」や「必殺仕掛人」なら聞いたことがあるのではないでしょうか。映画やテレビでシリーズ化され人気を博し、現在でもコミック化された新刊が書店やコンビニに並んでいます。1923(大正12)年1月25日、東京に生まれ、亡くなられたのは1990(平成2)年5月3日。小学生の頃からチャンバラ映画や小説に没頭し、家庭の事情で奉公に出てからも給料を読書・映画・観劇・旅行に注ぎ込み、後の執筆作品の素地が作られたと思われます。戦後、長谷川伸に師事し、創作した戯曲が多数上演される一方で、1960(昭和35)年に『錯乱』で第43回直木賞、1986(昭和61)年に紫綬褒章を受賞。その他の代表作は『剣客商売』や『雲霧仁左衛門』など。仕掛人シリーズの『殺しの四人』など英訳された作品もあります。時代小説だけでなく「食」に関する造詣も深く、エッセイなども多数執筆されています。ちなみに2021(令和3)年の第166回直木賞受賞の今村翔吾さん(大津市在住)は小学生の頃に読んだ池波正太郎の長編小説『真田太平記』が「読書の入口」だったと語っておられます。生誕100周年を契機に、池波正太郎の世...
「防災とボランティアの日」は毎年1月17日、その前後の1月15日から1月21日までが「防災とボランティア週間」です。平成7(1995)年1月17日未明に発生した阪神・淡路大震災は死者6,434名、負傷者約4万4千名、全壊・全焼等の家屋被害約26万戸に及ぶ甚大な被害をもたらしました。戦後発生した地震災害としては東日本大震災に次ぐ被害規模です。龍谷大学においても被災地区に居住する学生・保護者約1,600世帯が被害を受けました。炊き出しや瓦礫の撤去など被災者支援のため多くのボランティアが震災直後から現地に入り活動を続け、ボランティア活動の重要性が改めて認識された年でもありました。日本は地震大国です。常日頃からの防災意識が不可欠です。そしてあなたがボランティアとして支援する、あるいは支援を受ける日が来るかもしれません。 展示期間:2023年1月6日(金)~2023年1月28日(土)場  所:瀬田図書館 本館1階 新聞コーナー前 主な展示資料『自然災害科学・防災の百科事典』『誰もが「助かる」社会 : まちづくりに織り込む防災・減災』『福祉防災のはなし : つながりが命を守る』『東日本大震災と災害ボランティア : 岩手県野田村、復興への道』『ボランティ...
2023年1月6日より「自分を磨く 自分を守る」をテーマにした深草ミニ展観を開催します。備えあれば憂いなし! トラブルに巻き込まれないように、事前に予備知識を蓄えておきましょう。展示期間 :2023年1月6日~3月31日展示場所 :深草図書館 2階展観コーナーA (新着図書コーナーの東側の棚)【主な展示資料】学生のためのSNS活用の技術「話し方のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。狙われる18歳!? : 消費者被害から身を守る18のQ&A防災心理学入門 : 豪雨・地震・津波に備える最新インターネットの法律とトラブル対策 : 図解で早わかり など
大宮図書館では、2022年度特別展観として「戦(いくさ)と平和」を10月13日(木)~10月20日(木)の期間開催しました。 展観は、日本で古代から繰り返されてきた様々な戦(いくさ)が、どのように記録され、語られてきたか、そして平和への思いが如何にして伝えられてきたかを紹介し、戦争の影を強く感じる現在を生きていく上で、考えるきっかけとなるよう企画いたしました。短い期間にもかかわらず、好評のうちに終了しましたが、期間が短いため展示を直接見学することが出来なかったというご意見を多数伺いました。この度、Web展観 「戦(いくさ)と平和」を開催することになりました。Web展観では、展示資料の詳細な画像や、展示箇所以外の頁もご覧いただくことが可能です。この機会にぜひご覧ください。 ・Web展観開催日2022年12月 14日より・URL:https://mylibrary.ryukoku.ac.jp/iwjs0005opc/htdocs/2022_ikusatoheiwa_prod/index.html  
龍谷大学図書館 第11回「私のお薦め本コンテスト-My Favorite Book-」の選考結果について 龍谷大学図書館では、学部生、短大生、留学生別科生、交換留学生(学部生)の皆さんを対象とした第11回「私のお薦め本コンテスト-My Favorite Book-」を実施しました。  今年度は、26篇の作品の応募があり、受賞者(大賞1名、優秀賞4名)が下記のとおり決定しました。 表彰式は、12月21日(水)12時45分から、深草図書館B1階ナレッジコモンズで行います。当日は、受賞者のみなさんに図書館長から、表彰状と副賞が手渡されます。 表彰式は観覧自由ですので、多くの方のご参集をお願いします。   【受賞者一覧】 <大賞> 堀内 佑紀 (文学部 日本語日本文学科 4年) 『尾崎放哉句集』 尾崎放哉著;池内紀編、岩波書店、2007.    <優秀賞> 西川 真由 (文学部 歴史学科 4年) 『西の魔女が死んだ』 梨木香歩著、新潮社、2001.    <優秀賞> 神田 竜之介 (経済学部 国際経済学科 3年) 『気流の鳴る音:交響するコミューン』 真木悠介著、筑摩書房、2003.   <優秀賞> 御堂 恭介 (法学部 法律学科 3年) 『22世紀の民主主義 : 選挙はアルゴリズムに...
「全国大学ビブリオバトル2022関西Cブロック決戦」開催報告! 文学部3回生の小西一穂さんの全国大会への出場決定!!   11月19日(土)、深草キャンパスで、「全国大学ビブリオバトル2022 関西Cブロック決戦」を開催しました。深草キャンパスでの地区決戦の対面での開催は今回が5回目となります。 地区決戦の出場大学は3大学(龍谷大学、大阪電気通信大学、四天王寺大学)で、スチューデントコモンズ内のアクティビティホールで、4名による熱いバトルが繰り広げられました。本学か らは、文学部3回生の碧川穂さん、小西一穂さんの二人が出場しました。 地区決戦のチャンプ本獲得者は、12月25日(日)に明海大学(千葉県浦安市)で開催される「全国大学ビブリオバトル2022 ファイナルステージin浦安」に出場することになります。 チャンプ本には、投票の結果、龍谷大学の小西一穂さんが発表した下記の本が選ばれました。なお、小西さんは、昨年度の「大学ビブリオバトル・オンライン大会2021」にも出場されてお り、2年連続での全国大会への出場となります。   チャンプ本: 『ペスト』(カミュ 著 、宮崎 嶺雄 訳) 今回紹介された本とバトラー(発表順)は下記のとお...
「学生Web選書」の参加者を募集します。 インターネット環境があれば、選書期間中に、いつでもどこからでも参加できます。 冬休みの期間を活用して、ぜひご参加ください!! 皆さんの読書への意向を図書館に反映することができる絶好の機会です。 ふるってご参加ください。 (既に図書館に所蔵されている資料は選書できませんのでご注意ください)   記 ○対象 学部・短期大学部の学生 ○募集人数 20名(先着順) ○募集期間 12月8日(木)~12月22日(木) ○申込方法 下記のアドレス宛にメールでお申し込みください。 biblio@ad.ryukoku.ac.jp ◇メールの件名は、「学生WEB選書」とし、 ◇メール本文に下記の事項を記入。 ①氏名 ②学籍番号 ◎選書期間 12月26日(月)~1月9日(月) Web選書の方法については、実施時に説明資料でお知らせします。
早いもので2022年もあと1ヵ月を切りました。 今回のLibrariEの特集は二本立てです。 教養に関する16タイトルと感染症に関する9タイトルを集めました。 タイトルは、「タイトルリスト」 からご確認ください。   LibrariE(ライブラリエ)は、自宅からでも簡単にご利用いただけます。既にご利用いただいている方はもちろん、まだ使ったことがない方もこの機会に是非一度ご利用ください。 LibrariE (ライブラリエ)の使い方は、 こちら をご確認ください。
「やさしい日本語」講座の一環として、ラップ「やさしい せかい」歌詞解説会を開催します。 「やさしい日本語」に興味、関心のある方はふるってお申し込みください。   <講 座 名> ラップ「やさしい せかい」歌詞解説会 <講   師> 本学非常勤講師 近藤正憲先生 <日   時> 2022年12月14日(水)14時〜15時 <場   所> 深草図書館2階グループワークルーム4         ※オンラインでも開催します。 <参加資格> 全学統合認証ID保持者 <申込方法> 下記のQRコードを読み込み、参加申込フォームへ入力               <講師からのメッセージ> 「やさしい日本語」は情報弱者である在留外国人、高齢者、障碍者、年少者たちへの情報提供の一つの取り組みです。現在、行政の住民サービスのみならず、防災、教育、医療、介護などの 様々な分野で注目が集まっています。 ラップ「やさしい せかい」は、電通ダイバーシティ・ラボのプロジェクトである「やさしい日本語ツーリズム研究会」が明治大学国際日本学部山脇啓造ゼミナールと協力し、「多文化共生・ インクルーシブ・寛容な社会の実現」を目指して、制作したもので、2021年9月30日に公開されました。  ...
 1960年、アメリカは、月面に人間を着陸させ、安全に地球に帰還させることを目標に、アポロ計画を開始しました。   1969年7月にアポロ11号が月面着陸を達成して地球に帰還したことにより、計画は成功し、世界中に大きな称賛と反響を呼びました。 因みに日本では、アポロ計画の宇宙船の形にヒントを得たお菓子が作られましたが、これは今日でも人気を集めています。 その後もアポロ計画は続けられ、大きな実績を成し遂げました。  しかしながら、ベトナム戦争による経済不安により、1972年12月のアポロ17号打ち上げを最後にアポロ計画は終了しました。 今回のミニ展観では、アポロ計画終了から、50年を迎えることを記念して、天文に関する古典籍を展示します。  未知の場所であった月面に挑んだアポロ計画のように、古くから、月や太陽、星々に関心を抱いていた人々の思いをご紹介したいと思います。  大宮図書館2階閲覧カウンター前付近にて12月1日~28日の予定で展示していますので、御覧ください。     【天球圖】           【和蘭天説】